40歳から始める賃貸経営|何もないところにマンションを建てる|土地活用して安定生活をゲット
ウーマン

何もないところにマンションを建てる|土地活用して安定生活をゲット

40歳から始める賃貸経営

男女

給与やボーナスなどを地道に積み立ててきた、40歳前後の人たちが積極的に取り組んでいるのは、不動産投資に最適な物件探しです。サラリーマンとして働いている40代の人たちが多いので、老後も引き続き家賃収入が得られるような、長期保有に適した物件を選ぶべきです。30年以上継続的に経営可能な投資用物件を選ぶ時のポイントは、立地条件と建物の状態にこだわることです。都市部の人気エリアや郊外の駅前であれば入居者も確保しやすいので、不動産投資が初めての人でも手ごろな物件を購入できるでしょう。構造がしっかりとした物件を選ぶことが重要であり、鉄筋コンクリートのマンションや、耐震性にも優れている新築アパートが最適です。

維持管理コストを差し引いても5パーセント前後の運用利回りが確保できることが、不動産投資が評判になっている理由です。ワンルームマンションであれば1000万円前後で購入可能であり、自己資金が少ない人でも新規参入が容易です。アパートであれば一棟売り物件も5000万円前後で買うことができるので、個人投資家の間でも注目度が高いです。オーナー向けの各種代行サービスや、一括借り上げサービスが充実していることも、個人投資家が積極的に不動産投資を行い始めている要因です。インフレへの不安を解消したいと考えている人たちも、物価と連動して相場が上昇する不動産への投資に意欲的です。収益物件の情報サイトも充実しているので、今後も個人がアパートやマンションに投資をする流れが更に加速するでしょう。