• 資産運用税金対策をお考えの方へ

サラリーマンと税金

税金について

日本では、働くためにはお金を支払わなければならないという制度があります。同じように、ある地域に住むときも、買いものをするときも、財産を相続したり、贈与されたりするときにも、お金を支払わなければいけません。
何だか奇妙な話に思われるかもしれませんが、つまり税金というものが存在しているからです。所得税や住民税、消費税や相続税、贈与税といった税はどこにでもついて回ります。
私たちがお金を持っていること、それをどうにかしようとしていることを目ざとくかぎつけると、国はそこからいくらかを持って行こうとあの手この手をくり出してくるわけです。

もちろん、税金というのはお金を持っていかれることではありますが、意地悪でそんなことがされているわけではありません。
それを信じるか信じないか、良心の自由を認めている日本では自由ですが、国は少なくともこう言っています。税金とは国を成り立たせるために必要なお金なのだと。
そのことを信じる立場に一応立って考えるなら、まあお金を持っていかれることも仕方のないことではあります。ただし、余計に持っていかれるのは何となく釈然としない話です。

節税しよう

税金、特に所得税という働く代わりに国に持っていかれるお金を節約する、つまり少なめに抑えることが出来るという方法について、ここでは取り上げています。
この方法については、知りたいという人は多いでしょう。なぜなら、特に会社に所属して働いているサラリーマンの人たちにとっては、所得税について考えることは出来ないと考えられているからです。
所得から支払うべき税金の額面を割り出すこと、そしてそれをしかるべきお役所に納めることはなかなかに面倒くさい税制に従って行わなければならないものです。
そのため、会社が社員一人ひとりの給料から所得税を引いて納税するという仕事を引き受けているというのが、一般的なのです。

サラリーマンの人たちは、お給料をもらったときにはすでに所得税が引かれているという状況に置かれているわけです。
「あんまり引かれたくないなあ」と思っても、どうしようもならないという状況があったのです。しかし、その状況に光明をもたらす知恵があります。
サラリーマンでも節税することが出来る、そんな方法が存在しているのです。